ミニコラム


ウダウダ言ってないでさ、そん時盛り上がったんだからそれでよかったんじゃねーの?



高校三年の時

友達のバンドの卒業ライブにいった。

そもそも、そのバンドの子達とそこまで仲が良かった訳じゃないし、フルスロットルで盛り上がる気には微塵もなれず後ろの方で静観していた。

コピー曲を三、四やって最後にオリジナル曲を一曲大切そうに弾いていた、という記憶だ。

最後にMCでボーカルがフロアの同級生に向かって「俺らのライブがこれからもこうやってみんなの集まる場所になったら嬉しいです!」と言った。

それだけはとてもよく覚えている。

思えば、私は歌へ対する定まった嗜好という物が無い。

小学生の時はピアノとお琴を習わせてもらったものの、習わされているという意識でぐずりはじめ。中学の時は気に入ったインストバンドや、なにを言ってんのかよくわかんない曲ばかりを聞いてばかりいいて、それからもっぱら家庭教師がくれたくりいむしちゅーのANNのなどのラジオデータを聞いていた。

なんとなく、歌って説教されている気になってあまり得意じゃない。

高校の時に好きだった子に勧められて借りたCDは一曲聞いてやめた。

好きな子の好きなものが好きになれないのは辛かった。

多分に漏れずそのライブも心ここに在らずでいた時だった、そこにきての

「俺らのライブがこれからもこうやってみんなの集まる場所になったら嬉しいです!」

だった

なんだそれ、超ダサいな、と思った。

自分の卒業公演のがあった時には、そんなセリフは言えないし、言わないし

まあ、だから、本当はダサいと思いながらもそんな風に言えるあいつらがちょっと羨ましかったのかもしれないが。

今はそのバンドもやってんだかやってないんだか

私はこうして続けてしまっている

ま、無理して来てもらってもその卒業ライブの時の私みたいになるのだけなので、旧友達にそれを望んでいるわけじゃない。

だから当然、僕の公演だって「みんなの集まる場所」とは言えない

そもそも、旧友達が集めるためにやってるわけではない、というのはあるが

それにつけても、思いもよらない人がひょっこりと来てくれた時は胸が高鳴なって仕方がない。

並木雅浩



link